システムトレードのリスクを知ることがベネフィットに繋がる

システムトレードには、裁量トレード、開発型自作派トレード、開発型調達波トレード、選択型トレードなどの方法があり、それぞれの方法に一定のルールを設定し、そのルールに従ってトレードを行います。新人トレーダーがもっとも難しいのが、売るタイミングや買うタイミングです。例えば、株式取引の場合、買うタイミングが、上昇トレンドに乗り買う方法か、若しくは、株価が大きく下落した時に買うのか、判断が付きにくいでしょう。下げたときに買えば、どんどんと下げてしまうことがあり、逆張りの目的で株を購入しても下降トレンドの途中で買ってしまい、その後株価が上がらないことや、上昇トレンドに乗るも、株価が天井となり、その後下落となり、僅かな期間含み益があっても、その後数年から数十年価格が下がり、戻らないということもあります。これらは、上昇時にはまだ上がるまだ上がるという欲が出て、最適な時に売り抜けることが出来ず、下降時にはこれが底にならると早まった判断から、その後大きな下げとなることがあります。

すべてが儲けを考え過ぎるあまりに判断が鈍ることからそうなるのでしょう。株価を大きく左右する要因にファンダメンタルズが大きくかかわっており、購入する株式の様々な情報を知ることが必要となるでしょう。しかし、新人トレーダーの場合なかなかファンダメンタルズ分析は難しいため、チャート分析のみで株を購入する人が多いでしょう。システムトレードの場合、一定のルールに従って行い、自身では出来ない判断から損切りや利益確定が行われます。システムトレードは、個人の感情や判断が入ることがないため、チャンスを逃がさず、危険を回避することが理論上可能です。ただし、ノーリスクではないのも確かで、システムトレードのストラテジーが過去のデータによって作られていることから必ずしも利益が出るとは限らないのも確かです。しかし、投資にはリスクが付き物と考えられ、余裕のある資産で投資を行うのであればこれに取り組むメリットも得られます。(fx業者比較はココですればオッケー